• グレート山田アタック

     

    凛奈と書いてメイと読む。

     

     

     

     

     

    すまない、どうしても言わずにはいられなかった台詞から叫んでみた。

     

     

    巷(?)で話題の戯画の期待作 「この青空に約束を―」 の体験版を、今更ながらプレイ。

     

    まぁ、発売前の判断材料としては十分過ぎるクオリティに感動した。

     

     

     

     

     

    確かに期待作・・・・・ではあるのだが、

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    最初のシーンでヘッドホンを投げ捨てた俺がいた事を報告しておこう・・・(;´Д`)

     

     

     

     

     

     

     

     

    ここで落ち込んでても先に進まないので、投げたヘッドホンを拾ってきてプレイ再開。

     

     

     

     

     

     

     

     

    センセー、ヒロインが喋るたびに変な叫び声が脳内に響きます・・・・orz

     

     

     

     

     

     

     

     

    なんかさ、聞こえてくるんですよ。

     

     

     

    「イルカさん!イルカさん!山田さ~~~~ん!!」

     

    とか

     

    「みなさん、拍手~♪」

     

    とか

     

    「ぐるぐるあたーっく!!」

     

    とか

     

    「メイの勝ちなのだ~♪」

     

    とか・・・・(;´Д`)

     

     

     

     

     

     

    ゲームの感想とかをするべきなのは分かってるが・・

     

     

     

     

    メイ使いの俺はどうリアクションを取ればいいんでしょうか?

     


  • ジ・アンサング・ウォー

    ハス、今月の日程。

     

     

    17日:カードビルダーで久々のレア「アイナ・サハリン」GET。ヤフオクで6500円で売る予定。

     

    18日:FF12を遊ぼうとして正常起動出来ず、マスターロムを買うか迷う。

     

    19~21日:結局FF12はスルーしてプレイ途中のアルネコ、ヴァルキリー、クライマックスUCの消化作業。

     

    22日:アルトネリコのOVA発売日。見るつもりだが元ゲームに収録されてるムービーのほうがクオリ(ry

     

    23日:エースコンバット0ベルカン・ウォー発売日。全てを投げ捨ててプレイの予定。

     

    24~28日:へんじがない、ただの中毒のようだ。

     

    29日:この時点で既に発売してる「なのA’sDVD4巻」を必死にエンコして保存作業。

     

    30日:こんにゃくってなに?食えるの?

     

    31日:こんにゃくってなに?食えるの?

     

     

     

    そして上記予定の合間にステキにバイトがあと4日入ってる。まぁ今月で止めるが・・

     

    無念なのは21日につくケットに行けないことか・・・

     

     

     

    いや・・・・・・否!!

     

    人間、努力と根性で結構どうにでもなるものさ・・’`,、 ( ´∀`) ‘`,、

     

    電車移動時間だけを考えれば、往復30分かからない場所での開催。

     

    バイト前に行って来る暴挙も可能っちゃ可能なわけでして・・・・

     

    色々な意味で楽しみだな。(´・ω・`)b

     


  • 見せてもら・・(中略)・・性能とやらを!

    さて、調子に乗ってここ数日でローゼンメイデン第二期であるトロイメントを駆け足で視聴した。

     

     

     

    ・・・・・・むぅ

     

     

     

    ちょっと前回のブログの内容に誤りがあったな。

     

    訂正:参加できるマスターは7人。サーヴァ・・・いやメイデンシリーズも7体だ。5体で全部じゃなかった。

     

     

     

     

    それにしても・・・

     

    ローゼンメイデンの攻撃って性能差ありすぎね?(;´Д`)

     

     

     

     

    真紅 : 全方位オールレンジ攻撃。(サイコミュ)              威力:A 射程:A 速度:S

     

    雛苺 : 攻撃にあまり使えないが拘束効果のある生物兵器。       威力:D 射程:C 速度:C

     

    翠星石 : 多目的使用可能な万能生物兵器、↑の完全上位互換。 威力:B 射程:B 速度:B

     

    蒼星石 : 近接攻撃特化型巨大ハサミ。                 威力:B 射程:E 速度:A

     

    水銀燈 : 真紅と同じサイコミュ兵器。高威力の黒龍に変化可能。   威力:S 射程:A 速度:A

     

    金糸雀 : 楽器によるサウンドウェーブ、物理ダメージ判定。       威力:C 射程:B 速度:D

     

    薔薇水晶 : 拡散氷結魔法。究極の万能攻撃。            威力:S 射程:S 速度:S

     

     

    (個人的性能表、暫定版)

     

     

     

     

     

     

    まぁなんだ・・・主に3体の性能が飛び抜けてるのはきっと仕様なんだろう・・・(;´Д`)

     

     

     

     

     

    とりあえず

     

     

     

     

    第二期の最終話があまりに中途半端なのは第三期製作決定の影響に思えてならないキョウコの頃・・

     


  • アリスゲーム

    ふとした事からあるアニメを見る機会を得た。

     

    その名は「ローゼンメイデン」。

     

    以前から知ってはいたが、ノータッチだったこの作品を今回第一期放送分全12話を見てみた。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    ・・・・・はい?(;´Д`)

     

     

     

     

     

     

     

     

    とりあえず第一期を見終わった時点での俺なりの作品紹介でもしておくべきか・・

     

     

    <ストーリー>

    アリスゲーム・・。

    参加する人間はマスターと呼ばれ、意思を持つ人形「ローゼンメイデン・シリーズ」と契約を交わす。マスターは己の契約したローゼンメイデンこそが「アリス」の称号を持つに相応しい事を証明するため、そして他のメイデン達を否定するために戦う。

     

    これは、たった一つきりの称号を奪い合う・・・・・殺し合いだ。

     

     

    ふとしたきっかけからメイデン同士の戦いに巻き込まれた主人公は、偶発的にローゼンメイデンの一体、「真紅」と契約する事になる。

    望まぬままマスターの一人となった主人公は、アリスの称号を巡る戦いに身を投じる事になる・・。

     

     

     

     

     

    うん、こんな話だった’`,、 ( ´∀`) ‘`,、

     

     

    まぁ過剰演出さは否定しないがウソは言ってない。

     

    次は主なキャラクター紹介。

     

     

     

    桜田ジュン : 本編の主人公。ニート、ヒッキー、ヘタレの三拍子が揃った完璧超人。

     

    真紅 : ・・教えてやる、クールデレってのはこういうことだっ!(ただの女王様風情にも見えるが)

     

    雛苺 : 「ヒナイチゴ」と読む。すーぱーチビっこ大戦F完結編。

     

    翠星石 : 毒舌ツンデレ「ですぅ」仕様。

     

    蒼星石 : ↑の双子の妹。等身大ハサミで接近戦を仕掛けてくるボクっ子シザーマン。

     

    水銀燈 : ナタク

     

    くんくん : 身体は犬のぬいぐるみ、頭脳はテレビの中のお兄さん、その名は名探偵くんくん。

     

     

     

     

    <結論>

    戦闘は基本的に「夢の中」というご都合主義空間、それゆえに無理が効く所がスバラシィ。

    マスターから力を供給され、それぞれの能力で相手を打倒する・・・そんなバトルアニメである。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    うーん・・・・それとも・・・

     

     

     

     

    5体のロボットが繰り広げる壮絶な戦い。主人公ジュンはその内の一体を駆り運命と対峙していく・・

    それは、とてもちいさな とてもおおきな とてもたいせつな あいとゆうきおとぎばなし

     

     

     

    こう言ったほうがタイムリーなネタだろうか・・(;´Д`)

     


  • 妄想抱いて溺死汁

     

           ・・・ならばせめてイメージしろ

     

    リアルで敵わぬ相手なら、脳内鯖の中で勝てるものを妄想しろ

     

      お前に出来ることなど、それぐらいしかないのだから・・

     

     

     

     

     

    ・・と、テレビの中の赤い人が言ってました。

     

     

     

     

     

    ゲルクロ対策で七転八倒してたここ数日、↑のセリフをキッカケにあることを悟った。

     

     

     

     

    ~俺には他のデッキを使いこなせるほど数多のデッキをプレイしてきたわけではない~

    ~我がIDカードのステキな戦果は、結局ロングレンジを長期に渡って使い続けた成果である~

    ~ならば俺には所詮、このデッキ以外に100%実力を出し切れる組み合わせは存在しない~

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    なんだ、それだけのことじゃないか

     

     

     

     

     

     

     

     

    カードの性能や効果、相性やレベルのせいにして大切な事を見落としていた・・

     

     

     

    それは・・・戦い方

     

     

     

    所詮ゲルクロといっても、防御重視で近づくだけの単調な行動だ。

     

    そこに他意はない、ただ単に近づいて斬るだけである。

     

     

    そして防御重視である限り、近接攻撃を貰うと一撃でシールドが壊れるという弱点がある。

     

     

     

     

     

    対策カードなんてデッキに組み込む必要は何も無い・・・

     

    ゲルクロがいたら、斬ればいい(w

     

     

    ロングレンジを防御しつつ近づくのなら、ロングレンジでロックしても撃たなければいい。

     

    遠距離ロックされている限り、ゲルクロはシールドを構えるのを止めない。

     

     

    だからそのタイミングを狙って純粋に近接攻撃を仕掛ける。

     

    勿論自軍のもう一機は長距離でロックしたまま固定。

     

     

    これで相手がその時どんな行動を取ろうとシールドを簡単に破壊できるわけだ。

     

     

    そしてシールドが無くなったゲルクロは・・・・ただの的だ。

     

     

     

     

     

     

     

     

           いくぞゲルクロ厨。盾の貯蔵は十分か?

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    話は変わるが、↓のAAどんな意味に見えるか?

     

     

     

    (´・ω・`)っ田

     

     

     

    俺的には 「クマった→困った」 と判断したんですよ。

     

    というのも今日バイト先の社員さんが、俺がレジやってたら後ろでブツブツ言ってるんです。

     

    聞くと

     

    「クマった・・・あぁクマった・・・(;´Д`)」

     

    とか呟いてたんです。

     

    その時何故だか↑のクマーが頭に浮かんで消えてくれなかったんですよ・・・・orz

     

     

     

     

     

     [ 最後の文字「田」は換装可能、その時の困った加減によって自由に変えていい万能AAである。 ]

     

     

     

     

     

    ・・・・・・・

     

    ・・・・・・・・・

     

    言ってて悲しくなってきた。・゚・(つД`)・゚・

     

    きっと疲れてるんだ俺、寝るか・・・orz