HGUC デルタガンダム レビュー

素組みレビューから約一週間、遂に完成しました。
画像クリックで拡大可能。

hgdg01

というわけで、百式・・・じゃなくてデルタガンダムです。
以前発売したデルタプラスを金に塗ってなんちゃってデルタガンダムをしてる人は
結構見かけましたが、やはり細部の形状が違うので違和感ありました。
やはり本物はしっくり来ます。
肩や胸部やフロントアーマーの形状が百式を連想させます。
これできちんと変形するんだから凄い。

製作に関してですが、まず継ぎ目消しは一切しておりません。
流石にメッキ面にヤスリは使えないので、そこは最初から諦めました。
どうしても継ぎ目が気になる場合はメッキを落とす必要あり。
今回はメッキを活かす方向で、トップコート半光沢を使用。
グーグル先生曰く、メッキに薄く半光沢をかけると金属の質感が出るとの事。
余ったランナーで実験し、イケそうだったので思い切って実行。
結果はご覧の有り様です。
鏡面ってレベルでテッカテカだった状態から良い感じに落ち着きました。
先週の素組みレビューの写真と比べると分かりやすいかも。
ちなみにこの半光沢で個人的に一番嬉しかったのは、指紋が付かなくなった事。
メッキ部分をそのまま触ってると指紋とか手油とかで結構汚れるんですよね。
ティッシュや布で拭き取るか、手袋つけて触る必要があって非常に面倒でした。
それが無くなっただけでも半光沢マンセーと言わざるを得ない。

カラーレシピは途中経過の報告で書いた内容から変更あり。
・胸部等:ブルー10 (ガンダムカラー)
・関節等:ガンメタル (ガイア)
・爪先等:あずき色 (クレオス)
・ブースター:スターブライトシルバー (ガイア)
・メッキ部品ゲート跡:シルバーの上にクリアーイエロー&クリアーオレンジ (クレオス)
・トップコート:半光沢 (メッキ部分)、つや消し (それ以外)

hgdg02 hgdg03 hgdg04
あずき色が暗めの赤なので、自己主張せず馴染んでます。
胸部も未塗装のつもりが、ゲート跡が気になってしまい結局塗装しました。
デカールは色々と余ってた分の使い回しです。UC系やら種系やら00系やら。
貼った後に若干後悔しましたが、やはり金に貼るデカールは黒一択かと。

hgdg05 hgdg06 hgdg07
デルタ系列の機体の一番の見所は脚部だと思うんだ。
デルタプラス組んだ時も思ったが、この剥き出しの内部機構がステキ過ぎる。
ガンメタルにつや消しをかけてますが、渋さが出てて良い感じ。
足のメッキ部分には黒いデカールを。やはり黒の方がしっくり来ます。

hgdg08 hgdg09
シールドと変形用付属品の図。・・・ヤバイ、ライフル単体の写真撮り忘れた。
シールドはデルタプラスの物より一回り大型化。
内蔵武器が増えたわけでもないのに不思議な話だ。(てか減ってるよ!)
変形用の部品は写真のようにひとまとめにしておくと保管しやすいかも。

hgdg10 hgdg11
ライフル、シールド装備。
2つとも大きいというか長いので、直立状態だと床に付きます。
シールドはそこそこ重量もあるので飾り方によっては肩関節ヘタるのが早いかも。
ちなみに背中のバインダーはデルタプラスと違ってボールジョイント。
ある程度動かせるのでポージングは楽です。
以下ポージング。

hgdg12 hgdg13

hgdg14 hgdg15

半光沢によって良い感じの黄金色の装甲が映えます。
百式かデルタプラスのポーズをさせておけば違和感ないな。
ビームサーベルの刀身はイエロー。
装甲色からイエロー以外の選択肢は無いですよね。
キットにはこの他に左右両方の開き手が付属します。あまり用途ないですけどね。

続きまして、ウェイブライダー形態。
個人的にはここからが本番。

hgdg22

来ました。デルタガンダムの飛行形態。・・・やだ、かっこいい。
発売前の試作画像であまりのバランスの良さに一目惚れした一品。
デルタプラスのウェイブライダーも戦闘機然とした格好良さがあったが、
こちらには更に美しさがある。(…ぇ?

hgdg16 hgdg17 hgdg18
デルタプラスの時と違い、ライフルのマウント位置は左右の翼下のみ。
シールド表面にマウント用の穴はありません。
変形機構は同じなのにデルタプラスより更に機体が薄型になってる気がする。
理由は恐らくサイドアーマーの形状と全体的な横幅の増加。
機体上部に取り付ける腰のサイドアーマー自体が薄くなり、角度も浅くなった。
また翼のバインダーが胸部に隣接していたデルタプラスと違い、
こちらは胸部との間にスペースを設けており、そのため幅が広く感じる。
総じて全体のイメージが薄く広くなったと錯覚するが、実測すると大差無い件。
ちなみにシールドの取り付けはデルタプラスのような差し替え式ではなく、
ライフルのマウントと同じ感じで取り付ける為、塗装が剥げる心配は無い。

hgdg19 hgdg20 hgdg21
機体下部、及び後方の図。
左を見ると分かるように、フロントアーマーの内側に腕があります。
このためデルタプラスと違い飛行形態で腕を動かすのは難しくなっており、
アニメ4話のようにユニコーンを掴んで持ち上げるようなアクションは無理そうです。
また、デルタプラスと違って膝パーツはスライドしません。
まぁ膝がスライドするとシールドが大きいから横から見るとバランス悪くなるかと。
足の後ろ側の装甲は可動式で中にはスラスターがあります。
今更だがこの内部スラスターはシルバーで塗った方が良かったかもしれない・・・。

以上、HGUCデルタガンダムのレビューでした。

思った以上に金属の質感が出てくれて高級感があります。半光沢マジパネェ。
こうなると関節の色もガンメタ単色じゃなく、銀と調色すると更に良かったかも。
バンシィの関節の塗装で使ったメタ黒と銀の調色塗料、まだ残ってたしなぁ。
あとアレだ、肩にアナハイムのマークぐらい貼りたかったね。出来れば黒色。
残念ながらそんなデカール持ってなかったんだけどね。
こりゃそろそろ私もオリジナルデカール作りに手を出してみるべきかな?
我が家のプリンタ古いからあんまり乗り気になれないんだけどね。
さしあたって減ってきたガンダムデカールを増やすため色々買い漁るか。
キット自体は大満足。特にウェイブライダー形態の格好良さは異常。
プラモ棚に飾るときも飛行形態安定です。
場所は取るかもしれないが、それだけの価値はあります。

さて次は・・・何だろ。AGE系は完全放置する事に決めたので、次もUC系のはず。
5月発売のHGアンクシャは購入決定だけど、その前に何か作りたいところ。