Gバウンサー・試しに塗ってみたの巻

bn

興に乗ってつい作業しちゃった。てへぺろ(・ω<)
・・・うん、我ながらウザかったね。すみませんでした。

そんなわけでGバウンサーの塗装の話です。
なんと昨日のカラバリのR-1カラーで塗り始めてしまいました。
白はキット形成色そのままの無塗装。赤・青・黄・グレーの4色限定簡易塗装です。
まだ作業中ですが、簡易塗装なだけにすぐ終わりそうなのが有難い。
本体は手足以外塗れた感じですが、既にガンダム系の機体には全く見えないね。
名前もGバウンサーじゃなくてRバウンサーにでもすれば良いんじゃないかな。
きっとT-KINKシステムとかテスラドライブとか積んでるよ。’`,、 ( ´∀`) ’`,、
・・・AGE-2を放置して何をしてるんだろうね。

そういえば塗装作業中の撮影って珍しいかもしれない。
見ての通り、私は基本的に筆塗り派です。スプレーはつや消しを最後に使う程度。
キットの説明書の上で調色し、うすめ液で伸ばしつつ面相筆2~3本を使い分け。
田中式筆塗りなどを意識してるわけではなく、昔からこの手法を使ってます。
『筆塗りだと綺麗に塗れない』という意見も見ますが、うすめ液の使い方次第かと。
筆で重ね塗りすると表面がデコボコしやすいので、
塗料少なくうすめ液多めでなるべく一度塗りで終わらすイメージでしょうか。
たれる程うすめる、とまでは言わないが、うすめて水っぽくして塗ると、
プラ表面が『水面状』になって塗料が均一に広がっていく(流れる)わけです。
しばらくするとうすめ液が乾いて、プラ上に薄く均一で滑らかな塗料だけ残る。
結果、筆の跡が一切残らず、エアブラシに近い仕上がりになる・・・と。
まぁ流石に『エアブラシに近い』は言い過ぎだが、
この前のHGバンシィも全て筆塗りの割に綺麗だと思うし、捨てたものじゃないはず。