リボルテック アヌビス レビュー

anubis01
「宇宙の意志が!」

anubis02
「人類の無意識が!」

anubis03
「終末を望んでいるのだ!!\(^o^)/」

というわけで、週末になりました。
先日届いたリボルテックのアヌビスをヌルリとレビューしたいと思います。
いつも通り、クリックで拡大可能。本当の投稿日は16日です。

anubis04 anubis05
さぁさぁ遂に登場しました。最強のオービタルフレーム、アヌビス。
背中に浮かぶ6基の大型バインダーが非常に印象的なシルエットです。
無印ZOEだとバインダーが無いのでジェフティよりシンプルな印象でしたが、
ANUBISだとインパクト大。まさにボスの風格。
ジェフティでもそうだが、色合いがゲーム中イメージより明るめです。
設定上はこの色合いで合ってて、ゲーム中は暗い場所での戦闘で黒く見える。
ただまぁ・・・ブキヤジェフティの例もあるし、もう少し黒くても良かった。
これ完全に茶色ですし。

anubis06
バインダーはそれぞれ展開できます。
並べ方にもよりますが、大きく翼を開いた感じにしたりと色々遊べます。
・・・すごくスペース取るけどな。(;´Д`)

anubis07 anubis08
専用スタンドと連結部品で繋がっていたバインダー。
本体を退かすとこんな感じ。ジョイントの数がすごいことになってます。
連結部品にはオービタルフレームお馴染みの溝も入ってます。
溝を赤く塗装すると良い感じになる・・・のかな?
ちなみに左の写真の一番右のバインダー、一箇所塗装ミスってたので補修済み。
金色部分なんだがどこだか分かります?
見つからなければ補修成功と見ていいかな。

anubis09 anubis10
バインダーによるガード形態と、足の関節説明。
ガード形態は、まぁ見ての通りです。
ゲーム中でもこちらの攻撃を幾度となく阻んだ面倒な状態。
バインダーってそんなに固いの?無敵状態だったけどさ。(;´Д`)
足は逆関節となっております。まぁ犬の後ろ足ですし。
普通方向にも若干曲がりますが、基本的に足を曲げる事自体が少ないかも。
逆関節足を曲げるようなポーズは意外と少ないのです。

anubis11 anubis12 anubis13
武器「ウアスロッド」と尻尾の図。
ロッドは手のひらの穴に差し込む形で保持。
・・・まぁ流石に爪2本しかない手に握らせるのは不可能ですよね。
尻尾の付け根は専用スタンドの連結部のすぐ下。ジョイントで色々向きを変えられる。
尻尾先端はケーブルっぽい切り口。何に使うのか不明。
尻尾自体は柔らかく最初からそれっぽいクセが付いてるので弄る必要なし。

さて、折角なのでジェフティ(ANUBIS版)と色々遊ばせてみましょう。
これをする為に両方を買ったと言っても過言ではない。

anubis14
「覚えがあるぞ・・・貴様、ディンゴか!」

anubis15 anubis16 anubis17
「素晴らしい・・・いいぞ・・・来い、ディンゴ!」

anubis18
「さて・・・やろうか、ディンゴ」

そんな感じで、アヌビスのレビューでした。
素晴らしい完成度で大満足でした。
色合いも慣れれば気にならないし、既に発売してるジェフティとの対比も楽しい。
そのうちリボでビックバイパー出ないだろうか。
いやバイパーはいいや。ダメージジェフティかネイキッドジェフティが欲しい。
アーマーンアヌビスは・・・・驚きの白さ+板部品大量で凄いことになりそうですね。

追記:
動画で台詞確認してたんだが、いつ見てもディンゴのこと好き過ぎだろノウマン。
圧縮空間内での戦闘は今見ても熱いなぁ。
PS3やVitaに移植されたら絶対買います。
あれほどの高速戦闘が出来るロボットゲームは今でも殆ど無いですしね。
操作してるだけで楽しいってのは素晴らしい。