その翼はヴァルキュリア

傷ついた戦士の前~♪(ヴァルキュリア)
舞い降りる幻想の~♪(恋人)
その魂 導くため 虹の橋を渡~る♪

というわけで、本編一周してチャプ選択でサヨナラノツバサだけもう一度見ました。
劇場に2回行ったから実質3回目の視聴でしたが、何度見ても最高でした。
特に娘々Final Attackの冒頭シーンは未だに鳥肌モノです。
アルトvsブレラの戦闘も大興奮。あの弾幕は暇な時にコマ送り再生で見直したい所。
残念なのが本編映像がやっぱり115分だった点。つまり劇場版のその後の追加は無し。
ま、これはこれで満足のいく終わり方なので、下手な蛇足なら無い方がいいかもね。

それはそうとデュランダルの戦闘シーンを見直してますが、やはり異常に硬い。
流石はエネルギー転換装甲常時フル稼働というチート機体。直撃もらっても大丈夫だぜ。
実際ブレラに随伴してたゴーストの攻撃、シールド防御するまでもなく弾いてた気が・・・。
機動力や火力にばかり目が行くが、実のところ防御性能こそが常軌を逸している件。
まぁ同梱されてるゲームだと機動力、というか旋回性能がヤバかったけどね。
融合バトルギャラクシーの正面でも旋回してるだけで全弾回避とか、歌舞きすぎ。
収録機体も思いつく限りほとんど収録されてるんじゃないだろうか。
アーマードメサイア最終決戦仕様でイツワリに挑んだら、
大気圏内だったんでファイターに変形出来なかったのにはワロタw ・・・すごい苦戦した。

そうそう昨日話題にしたフィルムコマ。なんと当たり来ました!

ランカが写ってるよ!シェリルも写ってる!アルトまで写っててヤバイキタコレ!
前回から比べれば大当たりすぎるぜ。ではとくと見よ!今回入ってたフィルムを!

ms01

・・・・・うん、ほらランカもシェリルもアルトも写ってますよ。
2大ヒロインと主人公の1シーンのはずなのに、何だろうこの残念感。(;´Д`)
きっとあれだ、ランカ以外の2人の写り方があんまりな状態なのが原因だろう。
まぁイツワリの時みたいなモブキャラや、宇宙空間じゃないだけマシか。
巷では嘘か本当か分からんが映画泥棒のフィルムが出たって話もある。
その発想は無かったし、マジならすごいレアなんだろうけど、欲しくはないな。