HGUC デルタプラス 改造・レビュー

ようやく画像公開。ここまで来るのに時間かかりました。
YF-29デュランダルバルキリーをイメージして塗装したり改造したりと色々してます。
なので名前を付けるなら「デルタプラス type29」といった所だろうか。
サヨナラノツバサ発売前に完成して良かった良かった。(´・ω・`)

<MS形態>
delta29-001

delta29-002delta29-003delta29-004delta29-005

というわけで、デュランダルカラーで塗装したデルタプラスです。
改造ポイントは頭部・背部・手首・武装など。
ハルートの頭部と武装、サバーニャの武装、ザンライザーのアームを装備。
なんだか妙に背中がゴテゴテしてますが、それは主にミサイルコンテナのせい。
これはハルートの武装の一つで、劇場版でエルスに取り込まれてたアレです。
装着方法は至って簡単。画像のようにボディ裏に穴あけて中にジョイント仕込むだけ。
それだけだと強度が心配なので内部はパテで補強。なので若干重量が増えてます。
MS状態でもフレキシブルに可動してミサイルをばら撒くイメージで。
ぶっちゃけデルタプラスは火力が少ない気がしたので近・中距離を中心に強化。
ほら、バルキリーもミサイルは標準装備だし。
それからどうしてもやりたかったのがバイザー付き頭部への換装。
そしてバイザー表面をクリアーグリーンに塗って内側からシルバーを塗ればほら、
アルト機の頭部の出来上がり・・・・・嘘ですゴメンナサイ。
ハルートヘッドは本来アンテナが4本あるのだが、
横の2本は外して差し込み穴はパテで埋めてます。お陰でスッキリした印象に。

・・・ここで脳内設定を一つ。
デルタプラスは変形時に頭部をボディ内部に格納、つまりZ方式のギミックである。
ZZもそうだがこの方式の機体ってアンテナが無いか短いか仕舞える仕様なのだ。
なのでコイツのアンテナも仕舞えるものとして扱ってほしい。
決して「アンテナ長すぎて無理じゃね?」とか考えてはいけない。気にしたら負けだ。

<ウェイブライダー形態>
delta29-006

delta29-007delta29-008delta29-009delta29-010

ヒャッハー!デュランダルだー!(違
カラーイメージを重視したので、実際のデュランダルと配色は近いはず。
まぁコクピットが無いので違和感は拭えませんが。(;´Д`)
ミサイルコンテナはアクションベースを刺す穴に接続。
お陰でベースへの固定が難しくなったのは秘密だ。
主翼は前後を入れ替えてカナード翼とし、それに伴い根本を加工。
本当は翼にエンジンでも付けたかったんだが、使えるジャンク部品が無かった件。
後ろからの画像だとよく分かるが、一部にメタリックゴールドを使用。
シナンジュのデカールを使うつもりだったからかな、無駄に金色を使いたかった。

そういや捕捉し忘れましたが、今回は珍しく光沢クリアで仕上げております。
テカテカになるまでは吹いてないけど、少なくてもつや消し仕上げは却下しました。
そのせいで完成後、F1のマクラーレンを思い出すことになったが後悔は無い。
まぁシナンジュとかサザビーとか光沢塗装の方が味があっていいと思うし、
コイツも同じ赤メインの機体色なので特に違和感は無いな。

<武装構え>
delta29-011

delta29-012delta29-013delta29-014delta29-015

当然バイザーは脱着可能です。
バイザーを外すとガンダム顔が出てきます。個人的にはこっちの方が好み。
しかしこのタイプの顔で色が赤いとフェニックスガンダムを連想してしまう私。
ちなみに画像のようにGNピストルは装甲がスライドし、内部はまたしても金色。
・・・・いやいや、GNって。(;´Д`) 何かもうこの際、気にしない方向で。
銃身下部には近接用の刃が付いてたりと中々万能な武器です。
ちなみに00勢の武装は大抵装備可能です。もちろん飛行形態でもマウント可能。
その為の手首換装。その為のザンライザーアーム。
試しにセラヴィーのGNバズーカとか装備してみたりもしましたが、
あまり大きな武器はウェイブライダー時に似合わないという結論に至りました。

<まとめ>
ガンダムシリーズでありながら、デュランダルバルキリーの雰囲気を出す機体。
当初の目的はクリア出来たと思います。
各部にそれとなくデカールを貼ってますが、殆どシナンジュのGデカールです。
肩やシールドのエンブレムはユニコーンのを貼ってますが、UC計画とは無関係です。
まぁアレですね、二丁拳銃とか趣味丸出しな機体になりました。’`,、 ( ´∀`) ’`,、


HGUC デルタプラス 改造・レビューへの0件のコメント

  1. 匿名 コメント投稿者

    へ~すごいね…