DX超合金YF-29デュランダル レビュー

さて、先日届いたデュランダルバルキリー(アルト機)。
すげー大きいけど素晴らしい完成度。 折角なので撮影してみた。
(いつも通り、クリックで拡大可能)

<ファイター>
yf29da003

yf29da001yf29da008yf29da002yf29da004
yf29da007yf29da006yf29da005

一番コンパクトな形態、ファイター。
キャノピーは開閉可能でコクピットシートにはアルトが乗ってます。
映画版では未使用だったが、シート後ろの部品を外すと複座が出てくる。
TV版では救出されたランカが乗ってたあの位置ですな。
ガンポッドは機体下部にマウント可能。
特に追加部品を使わずマウント出来るが、一旦脚を開いて腕に挟む必要あり。
脚の付け根のインテークはハッチが外せる。中のエンジンファンも再現。
ランディングギアは金属製で頑丈で、前輪のカタパルトフックも動きます。
主翼のエンジンポッドは回転可能。
この状態でエンジンを下に向けての垂直離陸も再現可能。

<ガウォーク>
yf29da009

yf29da011yf29da010yf29da015yf29da012
yf29da013yf29da014yf29da016

ハの字が美しいガウォーク形態。
変形ギミック完全再現だが、やはり超合金でも変形は大変だった。
まず腕が出し難い。そして仕舞い難い。一度出してしまえば可動範囲は広い。
脚は関節含めて頑丈で、ガウォーク形態でも余裕で自立可能。
背中に内蔵された連装ビーム砲は展開式かつ回転可能で再現度は高い。
この背中のビーム砲を見てるとトルネードパックを思い出すなぁ。
腕に装備されたシールド内部にはアサルトナイフが収納。
劇中は気にしなかったが、デュランダルの持つガンポッドってビームなのね。
重量子ビームガンポッド、差し替え無くバレルとスコープの展開が可能です。

<バトロイド>
yf29da017

yf29da019yf29da018yf29da020yf29da021
yf29da022yf29da023yf29da024yf29da025

棚に入りきらなかった長身のバトロイド形態。
変形は非常に困難。特に頭部の引き出しとコクピット収納の工程が大変。
完全に首元のフレームがスライドしてないとコクピットが入らない。
そしてその作業中は手足がブラブラした状態だし、主翼が非常に邪魔だ。
更に言えばコクピット付近の小さいカナード翼も困難にしてる要因の一つ。
どうにも変形中に力をかける時に指に引っかかる。
カナード翼を折ってしまわないかヒヤヒヤしながら変形しましたよ。
まぁその甲斐あってプロポーションは非常に良い。
肩アーマーや主翼エンジンポッドのお陰で細い印象をあまり感じない。
むしろ肩や足に標準装備されてるミサイルランチャーの影響か、
スーパーやアーマードパックを付けてないのにボリューム感があってGJ。
こう見るとスーパーとアーマードとトルネードの良いとこ取りな機体ですな。
計4ヶ所に装備された紫色のクリアパーツ「高純度フォールドクォーツ」で
・ エンジン効率UP&設計強度限界の推進力を維持
・ エネルギー転換装甲の常時フル稼働
・ バジュラの発するフォールドウェーブの探知・増幅・解析
・ バジュラとのコミュニケーション能力
以上のような特殊効果が発生する設定らしい。
劇中で背中に被弾したはずなのに無傷だった理由がやっと分かりました。
確かにこの機体スペックかつイヤリング効果のスローモーションがあれば
たった一機で艦隊突破やブレラとのタイマン、融合クイーン制圧も納得。

まとめ:
完成度は非常に高いが、所々ギミックや変形機構がきわどい点もある。
ちなみに細部のスミ入れもされてないので、気になる方はやってみよう。
肩関節や足関節は個体差によって弱いのがあるかもしれんね。
実際に私の購入したものは左肩が若干ゆるいです。
とはいえ全体的には大満足。見てるだけで劇場版の雄姿を思い出せる。
専用スタンドに飾って眺めてるとサヨナラノツバサが脳内再生されます。
ニコ動で「ヴァルキュリアアアアアアアアア」って弾幕でも流してこようかな。

・・・そういえば、デュランダルも出たことだし、そろそろBDが欲しいところ。
年末発売とかマジ勘弁。はやく発売告知してほしいものだ。