アクセル・ワールド8巻 読破

というわけで、前巻で物凄く気になる終わり方をしてくれたアクセルの新刊を読んだ。

なーんとなく7巻と展開が似てるような、いや気のせいじゃないな・・・。(;´Д`)

まぁ四神の更に上位存在とか、システムの第二段階とか、色々新要素は多かった。

ただ気になるのがこの作品の今後の展望というか、どれだけ続ける気だって話。

現状、正規の手段で帝城に入ってFライト取得する方法ってあるのか?

恐らく本来は門番の四神相手に帝城以外の七星外装4つで対抗し内部へ侵入、

「無限」と「運命」を回収し計6つの七星外装で六神だか八神に挑むのが正規ルート。

ゲームである以上クリア方法があるはずで、帝城外の外装の数と門の数が同じだし。

ザ・ルミナリーが行方不明な以上、ハルが穴を埋めての全レギオン総力戦とかかな。

まぁルミナリーを所持してるのが加速研究会なら話は簡単なんだが・・・。

案外、ルミナリーの特殊効果で作ったものだったりしてね、ISSキット。

で、心意システムにバランス修正が入らない以上、対四神は心意前提の戦闘か。

しかし心意と七星の組み合わせでも四神に勝てるものなのかね。

いや勝てないとシステム的におかしいのか。今回のスザクみたいに弱点突く感じで。

でまぁ大人数でFライト前まで来れたとして、八神だと数が合わないのが気になる。

この辺りでレベル10の効果とか意味が関わってくるのかもしれんね。

流石にあそこまで大騒ぎしといて、ゲームクリアにレベル無関係ってのは無いと思うし。

そういや今回フラグを立ててたけど、エレメンツの残り2人の救出もやるのか・・・。

とりあえず次の9巻まではディザスターの話になるから、まだ本編は進まないはず。

なんかゲームクリアまでの課題が非常に多いんですよ、こんな風に考えると。

で、今のままのストーリーの進行速度だと、シリーズ終わるまでマジで何年かかるんだ。

・・・いやまて落ち着け、好きな作品なんだし長ければ長いほど良いじゃないか。(´・ω・`)