HGUC ユニコーンガンダム 緑サイコフレーム


以前思いつきで言ってた塗装計画、
パールクリアverのHGユニコーンガンダムのサイコフレームを緑色に塗装しました。
片手間作業だったが、意外とパールクリアと合ってる気がしてきます。

それと結構目立つポイントなので最初から説明しますと、関節赤いのは仕様です!
正確にはユニコーンの内部に使われてるポリキャップが元々赤いのです。
パールクリアverなので、このポリキャップも透けて見えてるわけです。
ここまで来るとポリキャップも塗装すべきだったかもだが、これ逆に面白いかも?
「きっと関節サーボモータが過熱してるんだよ!」なんて脳内設定の役にも立つし。

 

    
正面アップ。
今回の塗装は完全にサイコフレームに当たるクリアレッドの部品のみ。
サフ吹いた後にメタリックグリーンなのだが、今回は更にクリスタルカラーも使用。
Mrクリスタルカラー「ターコイズグリーン」をメタリック緑の上から薄く塗っております。
メタ緑だけよりもメタリックっぽくキラキラしているのがお分かり頂けるだろうか。
ちなみにクリスタルカラーには他に「トルマリングリーン」なる色もあるのだが、
ターコイズが青っぽいのに対し、トルマリンは普通に緑なのです。(参考
試しにメタ緑の上から両方塗ってみると、トルマリンだと暗い緑になってしまう。
GFFのフルアーマーユニコーンよりも明るい緑を目指していたのでターコイズを採用。

 

    
上半身を横から。
目だけは下地に黒を塗って、カメラアイは付属シールを切り取って貼りました。
デカール用硬化剤も塗ってシールの強度も上がっております。
何だろうね、昔からガンプラは目だけは付属シールを使うのがポリシーなのですよ。

  

    
ポーズその1、ビームマグナム構え。
サイコフレームの光の反射加減に結構満足しております。

 

    
ポーズその2、シールド構え。
内部ポリキャップが透けている為、シールド中央が微妙に赤い。
まぁ・・・これは・・・これで・・・。(;´Д`)

 

    
ポーズその3、ビームサーベル構え。
刀身は付属品ではなく、改造用のフルバーストソード(ピンク)を装備。
高出力な感じがステキですね。

 

    
ポーズその4、ビームトンファー構え。
ユニコーンの近接武装と言えば、個人的にはトンファーの方が印象深いです。

いやしかし、折角サイコフレームが緑なのでフルアーマー化したくなってきますな。
流石に現状では一から造形するか、GFFを流用するしか無いのが辛いところ。
HGスタークジェガンは発売してるけど、流石に形状とか違うので扱えない。
ま、OVAがクライマックスに近づけばHGで発売するとは思いますがね。

以上、思いつきで塗装に走ったパールクリアユニコーンでした。

 


HGUC ユニコーンガンダム 緑サイコフレームへの0件のコメント

  1. 匿名 コメント投稿者

    スゲェェェェエエエ ( °д°)