HG ダブルオークアンタ 改造・レビュー

 

チマチマ進めていたニコイチ改造、遂に完成しました。

では細かいところの説明をば。
クアンタの特徴である左右非対称。
初めて設定画を見たときから絶対にやりたかったシンメトリー化が今回のお題。
単純にニコイチ改造しただけだと足元が寂しかったので、
素組み放置してあったダブルオーセブンソードからカタール一式を拝借。
結果、クリアーグリーン装備のフルコースになってしまった・・・。(;´Д`)
だがしかし・・・この改造テーマ、結構やってる人いるっぽい?
まぁ大抵は背中にダブルオーのバックパックを移植することでのシールド2枚方式か。
これは違う方法で作っているので後姿が珍しいかも。

で、今回一番弄ったのは件の背中のGNドライブ基部。
元々左用アームしか無いので2箱買っても右用アームは手に入らないのですよ。
なので今回はコトブキヤとかWAVEが出してる改造用ジョイントで代用しました。

 
 
改造その1:
GNコンデンサなどのクリアパーツの表面だけクリアグリーン塗装。
パーツの下にはHIQパーツさんのメタリックシール(シルバー)を貼りました。
クリアパーツの差込用突起は切断した方が見栄えが良くなりますな。
背中とシールド内側のGNドライブにもメタリックシール+WAVEのHアイズでレンズっぽく。

 

 
改造その2:
手首の角度を変更し、設定画のような突き手持ちが出来るように。
だが手首の角度だけでは剣の柄が腕装甲に干渉してしまうので、短くカット。
まぁ設定画と比べて元々長かったので、柄の下装甲に収まる長さにしたのは正解か。

 

 
改造その3:
上記で言ってた背中のアーム基部。
2箱買って同じ基部の部品を表半分カット+裏半分カットを重ねてます。
中のABS樹脂も半分にして左右で独立して動かせる分、強度が非常に心配だったり。
まぁ青のパーツがカバー兼固定の役割を持ってるので何とかなってる・・・と信じたい。
基部に繋がってる円形部品は・・・確かブキヤのジョイントパーツだったはず。(;´Д`)
T字ジョイントに余ったクアンタの肩部付け根のパーツを被せて接着・塗装してます。
更にそこから伸びる緑レンズ付の部品は、実はGNアーチャーの膝関節パーツ。
キット付属のアームは裏をパテで埋めないと使えないシロモノなのでスルーです。
最後にシールドに繋がる青いパーツ、何気に軸が中心じゃないんですよね。
なので左用をそのまま右に付けると位置が合わないんで、軸切断→逆位置に固定。
ぶっちゃけダブルオーのバックパック一式を移植する方が簡単だったな・・・。
だがまぁ、元のデザインのまま左右対称にしたかったので変則的な方法になりました。

 

あとは目立った所の継ぎ目消しや、アンテナのシャープ化ぐらいかな。
改造箇所はこんなところかと思います。 所詮ニコイチしてるだけなので少ないNE!

色レシピも全部ガンダムカラー、ただし全て筆塗りDA!’`,、 ( ´∀`) ‘`,、
白:GCホワイト17
赤:GCレッド12
青:GCブルー12
黄:GCイエロー1
間接等:GCグレー24
コンデンサ等:MHクリアーグリーン
裏影:MCジャーマングレー

その後ガンダムデカール等の水転写デカールのお世話になりつつ、
トップコートつや消しクリアーで完成・・・・と思ったのだが終わらなかった。
クリアランスが十分じゃなかった箇所が続出。orz
ここまで来てヤスるわけにもいかないので、ナイフ一本の奮闘でした。
微調整、部分塗装、部分つや消しでようやく完成となりましたとさ。

 


GNソード等をクリアー系で塗ろうとも思いましたが、そのままでいいや・・・とw
刀身の向こう側が見える、この透明感は大事にしたい。

 

 
デカールは目立たない範囲で各所に配置。腿部は最後まで貼ろうかどうか迷った。
シールドはアームの間接が多いのでよく動きます。

 

 
GNソードⅤx2、GNソードビットx12、GNカタールx2の計16本であります。
こうなるとカタールも飛んでいきそうで怖い。
・・・ここで恥さらしコーナー。
クリアランス保つの面倒だったのでソードビットの接続部は一部未塗装だったり。
更に通常の武器持ち手の塗装、すっかり忘れてた・・・orz

 

 
ただの装備なし状態と思うなかれ!
GNシールドが2つになったことで、翼を広げるような新モードが可能になった。
ここから光の翼とかエナジーウイングとか出るんですね分かります。
たとえどんな無茶振りでも、GN粒子なら何とかしてくれるはず。
兵器の動力から病気の治療、人外との意思疎通までこなすスーパー粒子だし。
・・・ちなみにシールドのスミ入れ、結構ミスってたり。いや蓋を開けなきゃ分か(ry
そして今更ですが、メタリックシールの集光力が凄まじいですね。
普通に光ってるように見えるけど、近くの窓からの光を反射してるだけです。

 

 
GNカタール。
これの継ぎ目を消す為に、後ハメ加工してあります。
しかし背中で展開してるシールド、構えると意外に格好いいかもしれない。

 

 
ソードビット組み換えによるバスターソード形態。夢の大剣二刀流。
実用性?隙が大き過ぎ?持ったまま回転してればいいんじゃないかな。(´・ω・`)
アレですよ、ローリングバスターソード。

 

 
組み換えパターンその2、バスターライフル形態。足にカタールのオマケ付き。
きた!ツインバスターライフルきた!これで勝つる!
右の後姿とか、背中のシールドと合わさってウイングゼロに見えてく・・・・ないな。

 


以上、ダブルオークアンタ 改造レビューでした。
00譲りの可動範囲の広さで色々と遊べるキットですな。
クリア素材が多いので好みが分かれるところだとは思いますが、個人的にはオススメ。
今回の改造は細かい部分だけなので、余った部品で普通のクアンタに戻せたりします。
12月発売のホビージャパン付録のGNソードⅣフルセイバーが手に入ったら戻すかも。
・・・いや、ニコイチ改造の弊害である丸々余ってるもう一体のクアンタさんに持たすかな。