螺巌篇、行ってきた

 

天も次元も突破して、掴んでみせるぜ己の道を!

天元突破グレンラガン!

俺達を…誰だと思ってやがるっ!

 

というわけで、見てきましたよ螺巌篇。

いや~・・・凄いね、まさに圧巻。なんという戦闘規模。

紅蓮篇みたいなシーンスキップが無くなって、序盤からオリジナル展開が何度もあった。

TV版と新規シーンをうまく繋げて違和感無いように繋ぐとサクサク進んで見てて気持ち良かったですよ。

燃えシーンとかはTV版を何度も見てるので微妙に飽き気味だったが、その辺も再構成されてて新鮮に見れたし。

事前のネタバレ(天元突破関係)のせいで予想はしてたが、これはこれで熱い!

そして最後の激突は・・・もうなんていうか、螺旋力に限界なんて無いんだね。(;´Д`)

って、螺旋エネルギーって個人所有のエネルギーじゃなくて宇宙全体にあるエネルギーなんだっけ?

んで「螺旋力を持つ者」ってのはそれを制御してるに過ぎなくて、人によって制御できる容量に差が出てくるとか何とか。

何でもアリのGN粒子も大概だが、螺旋力の万能さは異常。

 

まぁ何にせよ、螺巌篇は絶対見に行くべき傑作映画だな。

若干オリジナル展開に走り過ぎた気もするが、逆に新鮮でいい希ガス。