スーパーメサイアバルキリー レビュー

 

さて、昨日の報告通りにスーパーメサイアのレビューでも。

(いつも通り、画像クリックで拡大)

 

 

    

VF-25(S) スーパーメサイアバルキリー アルト機

素組み自体もさることながら、鬼のようなデカール地獄でした。

水転写と選択式だが普通のデカールだけでかなり時間かかる件。

ちなみに今回はスミ入れもしたので苦労2倍だった件。

まぁその甲斐あって良い感じになってるな、デカール以外。

写真はバトロイド形態、本当はウイングとブースターはもう少し背中に畳んである。

しかしそれをすると自立が難しくなるので広げてある。

正直このキット、アクションベース必須ではなかろうか・・・。

 

 

    

ガンポッドは差し替え無しで展開可能。

頭部カメラはクリアパーツの上に緑のシール貼ってるが、絶対クリアグリーンで塗るべき。

このカメラ部分のシールがすごく安っぽい、今度時間あったらクリアグリーン買ってこないとな。

ちなみに肩パーツのミサイルポッドも差し替え無しで開ける仕様。

 

 

    

「バトロイド→ファイター」の変形には10分以上かかります。これはビックリ。

逆に「ファイター→ガウォークorバトロイド」の変形は5分以内に済みます。

つまりファイターへの手足の折りたたみが一番辛いのだ。

パズルみたいに部品を組み合わせてコンパクトにしていくわけだ、全パーツ連動で。

逆に広げるだけのガウォークとバトロイドは構造さえ把握してれば気楽なものだ。

 

 

    

で、件のファイター形態がこちら。     (少し大き目の画像です)

・・・・ヤバイ、これはカッコいいな。

ただのメサイアにはないスーパーパーツの存在感、大型ブースターがとってもステキです。

 

 

    

こうやってファイター形態を色々眺めてると、デカール地獄の苦労も報われる気がする。

スミ入れと相まってなかなかのクオリティである。

信じられるか、これ塗装してないんだぜ?

 

 

    

最後に正面から少し大きめの画像を一枚。

いやー実に良い、やはりバルキリーはパーツ装備に限るNE!

こうなるとアーマードパーツが早く欲しいが、ぶっちゃけ相当先だろうな・・・。

スーパー装備のオズマ、ミシェル、ルカ機が予定されてるから、早くてもその後になる。

予想としては劇場場に合わせてくる気がするが、まぁ今年中に出てくれれば文句ないかな。