00プラモレビュー 第3話 顔が2つたぁ生意気なッ!!

というわけで、サクっとメタボⅡ改めセラヴィーガンダムを組んでみた。

恒例のレビュー、クリック拡大。では行ってみよう。

   mtb01

絶望先生専用ガンダム、セラヴィー。

背中のガンダム顔が斬新過ぎてステキです。

しかし何というか、白い・・・まさに驚きの白さ!

素組みのつもりが思わずスミ入れしたくなったし。(;´Д`)

   mtb02

GNバズーカⅡx2+GNキャノンx4という大艦巨砲主義、素晴らしい。

しかし、これではどう考えても2ndシーズンのガンダムで最も粒子消費量が多いはず。

ツインドライブはメタボⅡにこそ載せるべきだと思わざるを得ない。

・・・いやむしろドライブ一基でここまで火力出せる技術があるのに、なぜ00はあんなにシンプルなんだ。

   mtb03

バズーカとキャノンを連結する「バスターキャノン」モード。

左右同時に接続すると「ツインバスターキャノン」になるそうだ。

DXやWゼロの武器と名前が被らないように・・・という努力が垣間見える。

しかし昔から思うのだが、何故連結で出力が上がるんだ・・・。

普通に供給エネルギーを片方に集中させればいいんじゃないの?ダメなの?

まぁロマンとか見た目補正とか言われれば無条件で納得しますが。(´・ω・`)b

   mtb04

合体して「ダブルバズーカ」形態、「ツイン」って単語を使わない所がポイントですね。

これに更に肩のキャノンを連結させて「バーストキャノンモード」らしい。

重量が集中するのでこの状態で飾っておくと腕がヘタれる可能性あり。注意。

   mtb05

本機体の目玉ギミック、背中のガンダム顔は差し替えなしで展開可能。

この大きなバックパックを外すとGNドライブが挿せるっぽい円型のくぼみが出てくる。

・・・はい、明らかにフラグです。

 CAUTION!! CAUTION!! CAUTION!!

以下、盛大なネタバレを含む可能性があるので不都合のある方は見ても忘れましょう。 (←ここ重要)

   mtb06

切り離したバックパック・・・・しかしこれは・・・(;´Д`)

どう見ても正座です、本当にありがとうございました。

特に右図の下の部分、よく見ると足首をコンパクトに畳んであるように見えるし。

腰のサイドアーマーもしっかり付いてるネ。

これ立ち上がったらガンメンだよねガンメン!’`,、 ( ´∀`) ‘`,、

なるほどなるほど、MSを一機背負ってたらそりゃ機動力は落ちるわな。

取説の機体解説にも以下のような文章が載っているし。

「本機体はティエリアがマイスターとなることを条件にさらなる能力を秘めているが、

ヴェーダと切り離された現在の状態ではその能力を完全に使用することはできない。」

つまり今回のメタボの一発芸は分裂・・・と。

いやキャストオフ出来ないとは限らないから、高機動機2機による連携攻撃とかかな。

発動条件から考えて、再びヴェーダとリンクする展開になるんだろう。

敵に操られるのか、ヴェーダ奪還するのか、どっちだろうね。(´・ω・`)

   mtb07

最後に現在までの3機のガンダムを並べてみる。

来月末のアリオスで一応揃うが、オーライザーが出ないと00の両肩が寂しいです。

ちなみに00のソードが両剣状態になってるが、本編でもこんな使い方をする予定らしい。

ぶっちゃけ二刀流の方が強いだろうに、種の時代から好きだね両剣。

・・・・・ハッ、そうか!これも連結か!

繋げることで何故か出力UPというロマン兵装!’`,、 ( ´∀`) ‘`,、