ケルディムさんご紹介

 

というわけで、ケルディムガンダム(素組み)でも載せてみる。

いつも通りクリック拡大。

 

   c1-400

 

デュナメスの後継機の割にシールドが小さいと思ったが、尻に付いてるの全部シールドな件。

尻のシールド全部外すとGNドライヴが出てくる。外部エンジンとは珍しい。

それにしても変な形の足だ・・・。(;´Д`)

 

 

   c2-400

 

スナイパーライフル&ビームピストル2丁装備。

背中のサーベルっぽいのがピストルなんだが、この機体はサーベル持ってないんだな。

代わりにピストルが耐ビームコートされてて、これで受け止めるとかなんとか。

頭部センサーは開閉可能、正直格好悪い・・・。(;´Д`)

収納ギミックいらないから、もうちょっと格好いいセンサーにして欲しかったな。

 

 

   c3-400

 

スナイパーライフルを折りたたんで三連バルカンモード。

この大きさと折りたたみ方・・・エクシアのソードを思い出すな。

 

 

   c4-400

 

シールドビット放出&フォロスクリーン展開状態。

分かりにくいが、頭部前面にクリアパーツがある。

取説によると、トランザムでの狙撃時に出てきて高速計算処理をするらしい。

高確率の事象予測で驚異的な命中率とかなんとか・・・。

シールドビットはこんな風に合体したり、バラバラのまま全方位防御もOK。

更にビットにはビームガンが内臓されてるらしく、普通にファンネルとしても使用可能。

ビット兵器の攻略法は個別撃破が王道だが、これはシールド兼ねてるから一撃じゃ落ちない。

・・・・それなんて厨武装だよ。(;´Д`)

 

 

以上、セカンドシーズン機のガンダム第二弾でした。

予想以上に万能な機体だったな、弱点は近接と対GNフィールドの手段が無いことか。

回避運動とビット操作はハロ任せだろうから、ハロいないと途端に平均以下に落ちるがな。

ちなみに00と同じく塗装の予定はありませぬ。(´・ω・`)

 

 

 

追記:

トロンベ届いた。

しかしまとまった休みに入るまでツンデおくか。

まさか射撃特化機体の連続制作になるとは・・・。