可翔式完成会

 

   gr01b

敵がどれだけ居ようと !!

 

というわけで、やっと完成しましたよ・・・紅蓮可翔式!

なんとなく画像加工で初登場シーンを再現してみたが、ポージングが甘かったか。

それとフロートの光は未実装、クリアパーツにライトアップとかこの薄さじゃ無理ゲー。

 

   gr02

 

ツヤ消しを拭いたのに微妙にツヤが残ってるな・・・・いや気のせいだ!(;´Д`)

 

改造箇所その1、飛翔滑走翼。

フロート本体は他キットの部品を寄せ集めて作った模造品。

なるべく原作に似せて作ったので、それっぽく見えれば幸いである。

ちなみにフライングベースは付属品を使用、フロートの重量で自立が大変なので助か(ry

 

   gr03b

 

改造箇所その2、徹甲砲撃右腕部。

元は銀色だったが、黒く塗るだけで無駄に格好良くなった。

キットそのままだと指が長すぎるので調整してみたが・・・まだ長いか?(;´Д`)

肘の追加装甲は他キットから流用、塗装したらそれっぽく見えるから不思議だ。

 

   gr04b

 

改造箇所その3、頭部。

実は一番バランスに苦労した箇所、元キットのアゴをガリガリ削りましたよ。

耳の位置にあるアンテナ?と顔の上の黄色いパーツは他キットから流用。

作ってる時は小さ過ぎかなと思ったが、完成してみればそうでもなかったので一安心。

 

それと右肩の円盤は苦し紛れです、スミマセン。・゚・(つД`)・゚・

だって設定を見ると根元から完全に別設計なんよ、流石に他キットからの流用でも無理だった。

塗装で誤魔化せるかとも思ったが、別にそんなことは無かったぜ。orz

いいさ・・・気にしない! こういうのは見慣れれば気にならなくなるはずだ!

 

   gr05b

 

最後は付属の小剣装備バージョン。

刀身の色は設定通りに黄色にしたが、今更だが銀色の方が良かった希ガス。

クリアレッドでMVSという脳内設定でも・・・・・いや合わないな。

ちなみに何故自立出来てるかというと両足に収納されてたランドスピナーのお陰な件。

つーかスピナー下ろすと足がスカスカなんだよね、ラクシャータ製ナイトメアって。

これでよく本体重量を支えられるな、挙句の果てに高機動戦闘とは・・・。

流石はラクシャータ脅威の科学力!

 

 

感想:

先日も言ったが、突発的なノリで改造とか始めるもんじゃないね。(;´Д`)

設定と違う部分が多々出てきて、これ本当に可翔式か?と終始疑問だったし。

ぶっちゃけ今回の作品名は「紅蓮可翔式(笑)」でいいと思うんだ。(´・ω・`)

まぁそのうち正式にプラモが販売されると思うので、それまでの間に合わせとしては十分かと。

元キットに関して言えば、素組み用プラモとしか思えない素材に全我が泣いた。

つーかアゴ大きすぎだよ、AGO!

ランスロットの時もそうだったし、担当の造形師に文句の一つでも言いたくなる。

まぁ改造のし甲斐があると思えば苦にならな・・・・いやそれはない。

 

 

 

追記:

なんだかルルーシュが出てくるとの話なので、始めてみましたG線上の魔王。

・・・・・・・・・・・・・Σ( ̄□ ̄)

ゼ、ゼロォォォォォォォ!!(オレンジ風